美容脱毛の法的な位置づけと取り組みについてご紹介します。

日本スキン・エステティック協会

美容脱毛の法的な位置づけと取り組み

年号 業界における取り組み実績 美容電気脱毛関連動向 美容ライト脱毛(レーザー・光脱毛)関連動向
(美容ライト脱毛の在り方)
1972年
(S47)
 
  • ブレンド式脱毛器が日本に輸入される
 
1981年
(S56)
  • 日本スキン・エステティック協会(JSA)が設立
   
1984年
(S59)
  • 「脱毛美容」をテーマに特別講演会を開催(日本スキン・エステティック協会主催)
 
1985年
(S60)
   
1987年
(S62)
   
1990年
(H2)
  • 米国電気脱毛協会(American Electrology Association)と日本スキン・エステティック協会(JSA)が提携
  • アメリカに電気脱毛視察団派遣(日本スキン・エステティック協会)
   
1992年
(H4)
   
1993年
(H5)
  • (財)日本エステティック研究財団による『研究委員会報告書』が完成
  • 日本で初めてCPE認定試験実施
   
1994年
(H6)
   
1996年
(H8)
  • 日本エステティック連合結成
   
1997年
(H9)
   
1998年
(H10)
  • 「美容電気脱毛技能検定委員会」を設置・検定制度導入に向けて始動
   
1999年
(H11)
  • 美容電気脱毛技能検定試験(筆記試験)スタート
 
  • この頃からいわゆる光脱毛がエステティックサロンで行われるようになる
2000年
(H12)
  • 美容電気脱毛技能検定試験(実技試験1・2級)スタート
 
2001年
(H13)
  • 美容レーザー脱毛研究会 法務委員会『まとめ』 が完成
 
2002年
(H14)
 
2003年
(H15)
 
  • 町田(脱毛専科198ビューティプロ)事件 医師法違反で有罪判決
2004年
(H16)
   
2005年
(H17)
   
2006年
(H18)
 
  • 京都(ブランクール)事件 医師法違反・業務上過失傷害で有罪判決
2007年
(H19)
  • 「ワールドビューティック事件」を受けて業界三団体名でエステティックサロン・関係者宛にレーザー・光脱毛について「厚生労働省医政医発第105号通知」に抵触しないよう対応徹底の文書を発信
  • 日本エステティック振興協議会設立、同時に美容ライト脱毛検討委員会発足
  • 日本エステティック工業界によるレーザーライト美容脱毛機器適合審査制度スタート
  • 京都(ワールドビューティック)事件 薬事法違反(光脱毛無許可販売)で逮捕
  • 千葉(ピュウベッロ)事件 医師法違反で有罪判決
2008年
(H20)
 
2010年
(H22)
   
2011年
(H23)
 
2012年
(H24)
 
2013年
(H25)
   
2014年
(H26)
   
※当時は「美容レーザー脱毛」「レーザーライト美容脱毛」などと表現されていたが、現在では「美容ライト脱毛」(いわゆる光脱毛)と表現され、医療用レーザーと区別されている。
▲Page UP

モバイル版

http://www.jsa-cpe.org/