永久脱毛方法のメカニズムを詳しくご紹介します。

日本スキン・エステティック協会

永久脱毛はどうやってするの?

永久脱毛が行える唯一の方法は美容電気脱毛です。
美容電気脱毛は、FDA(米国食品医薬品局)がPermanent Hair Removal(=永久脱毛)と認めた脱毛法です。

※FDAによる見解(英記)

美容電気脱毛(永久脱毛)の方法は3つ。フラッシュ法が今の主流です。

美容電気脱毛(永久脱毛)には、電気分解法、フラッシュ法、そしてブレンド法の3種類があります。現在の主流は、「早い」「どんな毛質もOK」のフラッシュ法です。

電気分解法

方 法 : 
電気分解作用により、毛包内で水酸化ナトリウムを発生させ、発毛組織を処理。
特 徴 : 
どんなタイプの毛も処理できる。

※1本あたりの処理時間は60~80秒。フラッシュ法やブレンド法に比べ、時間がかかる。

フラッシュ法(高周波法)

方 法 : 
高周波の加熱作用により、発毛組織を凝固させて処理。高周波の出力が高いフラッシュ法と低いマニュアル法の2タイプがある。
特 徴 : 
1本あたりの処理時間はフラッシュ法は1秒以下。広範囲の脱毛が可能。

※ブレンド法ができない金属アレルギーの人も対応可能。

ブレンド法

方 法 : 
電気分解法と高周波法を取り入れた方法。アルカリと熱、2つの相乗効果で発毛組織を処理。
特 徴 : 
1本あたりの処理時間は3~20秒。毛質を選ばない。
  • 仕組み
  • 持続性・安全性
  • 仕上がり

仕組み

毛の製造工場から処理!ムダ毛をもとから処理します!

仕組み

  • 1. まず毛包にプローブという細い電極を挿入。
  • 2. これに微弱な電気を流して発毛組織そのものを処理。
  • 3. この作業をくりかえして毛穴のひとつひとつを確実に処理。

★毛の製造工場を処理するから、脱毛が可能!

★プローブは毛と同じ太さ(直径0.1mm以下)で先が丸いから、皮膚を傷つけない。

★プローブは使い捨てだから安全。金属アレルギーを防ぐために、最近はゴールドやチタン加工のプローブを使用することも。

持続性・安全性

持続性・安全性が保証されている。

持続性・安全性

アメリカでの美容電気脱毛(永久脱毛)の歴史は長く、なんと約140年以上。この長い年月で築かれた実績を継いで美容電気脱毛(永久脱毛)が日本に導入されてから、約40年がたちました。

アメリカや日本で多くの女性が体験した美容電気脱毛(永久脱毛)。膨大な臨床データから、美容電気脱毛(永久脱毛)は持続性があること・身体に副作用のないことが明らかになっています。

さらにこれを裏付けるのが、日本の厚生省にあたるアメリカのFDA(米国食品医薬品局)の見解。 電気脱毛器は、有効性や安全性によって分けられた最上クラスの“クラスI”に分類されている上に、唯一「永久」ということが認められているのです。

仕上がり

仕上がりの美しさが魅力!

仕上がり

ムダ毛処理のわずらわしさから解放してくれる美容電気脱毛(永久脱毛)は、他にも大きなメリットが。

それは、仕上がりの美しさ、素肌のスベスベ感。自己処理による肌へのダメージからパーフェクトに解放され、発毛組織からしっかり処理するので毛穴も引き締まるのです。

毛が無くなるだけでなくきめ細かな美しい肌も手に入る、ベストな脱毛法です。

▲Page UP

モバイル版

http://www.jsa-cpe.org/